実録ユーキャンボールペン字

もう象形文字とは言わせない。ユーキャンのボールペン字講座でどこまで字が綺麗になるかを検証。ペン字を始めようか悩んでる人の参考になればと。

ユーキャンで人気のボールペン字講座に申し込んでみようと思う

先日、コンビニにあったユーキャンの無料カタログを手に取り、持ち帰った。

f:id:runawayx2:20150607091219j:plain

 

人気講座ランキング1位

ユーキャンには、資格、実用、趣味・・と、実に様々な分野の講座が用意されている。みよ、このラインナップの数々を。

 

f:id:runawayx2:20150607093400j:plain

ユーキャンのホームページで調べてみたら、ここに載ってる以外にも、まだまだあり、全部で133講座もありました。すごいよ・・さすが生涯学習というだけのことはある。

で、数ある講座一覧の中で、ひときわ目立つ欄がある。

f:id:runawayx2:20150607093414j:plain

人気講座ランキングTOP10!

人気講座なのだから、それだけ需要度が高いということになりますね。その人気講座の中で、栄光の1位を飾っているのが・・そう、


実用ボールペン字講座である

(2015年6月9日現在の1位は医療事務のようです)


字が綺麗に書けなくて、悩んでる人がそれだけ多いということですね。まぁ何を隠そう自分もその中の一人である訳なんですが・・。

 

字を書く場面は意外に多い

数ある講座の中で、やはり資格取得に結びつく講座が、人気トップ10にランク入りしていますね。その中に、なぜボールペン字がランクインしているのか。しかも1位。「硬筆書写検定」というペン字検定資格が存在するようですが、正直、この検定資格を取得したところで、就職や転職に有利になるということはないと思います。事務能力の一種としては認められるかもしれませんが。

しかも、近年、ネットやスマホが普及しているので、字を書く機会が激減しているのも事実。とは言え、油断してはならない。字を書く場面というのは、意外に多いものだ。

例えば

  • クレジットカード払いの署名
  • 契約書等への記述
  • 冠婚葬祭
  • 履歴書
  • 領収書の宛名
  • 子供の持ち物の名前


実際自分は、クレジットカードで買い物をする機会が多いです。サインレスの場合は良いんですが、サインを書かなければならないお店も多々あるわけで・・。正直、字が汚いから、サインするのも億劫なんですよね。出来ることなら、綺麗に署名をして、スマートに買い物を済ませたい。

最近だと、友人から結婚式の招待状が届いたのですが、残念ながら都合が合わなくて、欠席することに。そして、欠席の旨を伝えるために、ボールペンを手に取りました。自分なりに、心から祝福の気持ちを綴ったのですが、書き終えた文章の文字を見て、なんだかとても申し訳ない気分になりました。こんな汚い字で、気持ちが伝わる訳がないと。それと同時に、悔しいという気持ちも芽生えました。綺麗な字で、相手に気持ちを伝えたい。

それから、仕事柄、領収書の宛名書きをすることもあるのですが、これが本当に申し訳ない気持ちになる。賃貸の契約更新なんかも本当に億劫。とにかく、字を書く場面は極力避けたいものだ。

お子さんがいる方は、子供の持ち物に名前を書くときに、ハッとする方がいらっしゃるようですね。先生と連絡帳でのやりとりを記入する字も、綺麗だと印象が良さそうですね。

 

字が汚いのは個性と呼べるのか

よく、肯定的な意味合いで「個性」という言葉が使われる。


若いうちは、字が汚くても、特に気にすることもなく生活していられると思う。むしろ字が汚くても、それは個性だと、笑っていられる。でも、大人になるに連れて、公的に字を書く場面が増えてくる。そこでハッとする。

自分も、字が汚いことをネタにされて、よくからかわれていた。いや、今もからかわれている。でも、それが笑いのネタになるから、悪い気はしない。自分でもネタにして、笑いをとっているので、むしろ良い気分にすら感じる。

でも、綺麗な字を書く人がチヤホヤされてるのを間近で見ると、なんだかとても羨ましく思うのも事実。

最近切に思う。字が汚いのは個性ではなく、画一的で、ただ不自由なだけなんじゃないかと。

❝汚い字❞は個性があるけど、❝字が汚い❞のはただ不自由なだけだ。

 

字が綺麗だと好印象

字が綺麗だと、とにかく、相手に与える印象が良いと思います。僕の友人に、いつもチャラチャラしていて、頭もヨロシクないやつがいます。ある日、その友人を含めた、友人数名と、ショッピングに出かけました。お会計の時、その友人が、その店のポイントカードを作らないかと、店員に勧められ、作ることに。必要事項を記入するようにと、入会書とボールペンを差し出され、スラスラと記入を始める友人。

意外や意外、その字が綺麗なこと綺麗なこと。

軽く惚れましたよ。他の友人も驚きを隠せず、絶賛していました。「字」ひとつで、その友人に対する印象が変わりました。やはり字が綺麗に書けると、好印象ですね。

特に、面接時などの、第一印象に大きな効果を発揮すると思います。相手のことをある程度知った上で汚い字を披露されるのと、初対面で汚い字を披露されるのでは、その人に対する印象の受け取り方に大きな差が生じると思います。

こう考えると、なぜ、資格取得や就職、転職に直接役に立たないボールペン字講座が人気なのかが見えてくる。

言ってみれば、「綺麗な字が書ける」というスキルは、相手に好印象を与えることができるので、普段の生活から仕事まで、実に様々な場面で効果的に役立つ技能なのだと思います。


第一、字が綺麗で損をすることは絶対ない!

ってなことで、字が綺麗になるために、ユーキャンのボールペン字講座を申し込もうと思います。それと同時に、本当に効果があるのかを検証。


しかし、ここは焦らず、まずは資料請求だ。