実録ユーキャンボールペン字

もう象形文字とは言わせない。ユーキャンのボールペン字講座でどこまで字が綺麗になるかを検証。ペン字を始めようか悩んでる人の参考になればと。

ユーキャンボールペン字「なぞり書き練習」の効果。

ユーキャンボールペン字講座レッスン3日目。

f:id:runawayx2:20150625191411j:plain

まだまだ始まったばかり。にもかかわらず、早くも1日空いてしまった。出来るだけ、毎日継続させていきたいものだ。

 

3日目:たて線の向かい合いと横長の結び

f:id:runawayx2:20150624114544j:plain

ひらがななぞり書きレッスン2日目。前回言ったように、習うのは、あいうえお順ではなく、グループ別。今回練習する文字は、『い・け・り・よ・は・ね・ぬ』の7文字。

  • たて線が向かい合うグループとして『い・け・り』
  • 結びを横長に書くグループとして『よ・は・ね・ぬ』

今回は、この2つのグループを練習していきます。

『ま』とか、『み』とか、『な』なんかも、結び箇所がありますが、結びを横長に書くのは、『よ・は・ね・ぬ』の4文字だけのようです。むむむ・・ややこしい。こういう細かいポイントも、ちゃんと覚えられるか心配。頭で覚えようとしない方がいいのかな?

f:id:runawayx2:20150624121309j:plain

まずは、たて線が向かい合うグループ。前回のレッスンで『よこ線が向かい合うグループ』の練習をしました。
 


それを、たてにしただけなので、ポイントは掴みやすそうだと思ったんですが・・う〜ん・・なんか納得いかない。


『い』って、もの凄く単純な書き方ですが、バランスが難しく、なかなか上手く書けないもんですね。


f:id:runawayx2:20150625115942j:plain

お次は、結びを横長に書くグループ。ひらがな一字一字、書き方が、丁寧に解説されています。しかし、『は』の一画目の解説なんですが、「ほぼ垂直にし、やや外へふくらませる」なんて、サラッと難しいことを言ってくれます。2画目の「やや右上がり」なんて、意識しすぎて、余計に斜めになってしまってますね。

書き終えた後、客観的に見直すと、ダメなところが目立ってて、よく分かりますね。

 

レッスン効果

さて、3日目のレッスンが修了しました。前回同様、今回練習するひらがなを、練習前にノートに書いておき、練習後の自分の文字と比べてみました。

それがこちら

f:id:runawayx2:20150625125550j:plain

練習前も、かなり真剣に書いてます。練習後は、お手本等を見ないで、書いてます。

やはり、字体に変化が見られますね。特に今回は、『ぬ』の変化が、個人的に高得点。

f:id:runawayx2:20150625125549j:plain

隣の『ね』の変化も著しいですが、練習後の字でも、上手くは見えないですね。これ、続けていくと、自分の苦手なひらがなが見つかっていき、面白いです。

『ね』は、個人的には厄介。丁寧に書こうとすると、ぎこちなさが増します。それでも、練習前よりは、大分マシか・・。

 

苦手な字はとことん練習

テキストで、1つの文字を、9文字程度なぞって、書いて練習するだけでも、大分効果がありますね。しかし、自分が納得するキレイな文字を手に入れるためには、その程度での練習では、足りないです。自分が苦手な文字を洗い出し、別紙練習帳を使って、一字一字、さらなる磨きをかけるのが望ましいですね。



では、今日のレッスンはここまで!