実録ユーキャンボールペン字

もう象形文字とは言わせない。ユーキャンのボールペン字講座でどこまで字が綺麗になるかを検証。ペン字を始めようか悩んでる人の参考になればと。

字を綺麗に書けるようになりたいならそれなりに練習が必要

ユーキャンボールペン字講座レッスン7日目。

f:id:runawayx2:20150706152643j:plain

今回も苦戦しました。ひらがなって難しいですね。

 

レッスン7日目:結びのレッスン・その他

f:id:runawayx2:20150706135104j:plain

ここまで来れば、ひらがなのレッスンはもう一息で終了。今回練習する文字は『み・な・す・や・ゆ・か』の6文字。『み・な・す』は、結びに注意するグループ。今まで練習してきたひらがなは、全てグループ分けされてましたが、『や・ゆ・か』の3文字は、「その他」として、特にグループ分けがないひらがなのようです。


上記6文字の練習に加えて、前回同様、今回も簡単な「ひらがなことば」の練習もあります。

f:id:runawayx2:20150706135147j:plain

  • ありがとう
  • ごていねいな

の2つ。ていねいな字でキレイに書きたいです。

 

結びよりバランスが大事

テキストのレッスンポイントに、『み・な・す』の結びの形はそれぞれ違うので、お手本をよく見て、違いをはっきり確認してから書きましょうとあります。

言われた通り、結びの違いをしっかり確認し、ゆっくり、丁寧に練習をしました・・が、結びの違いばかりを意識しすぎてしまったせいか、肝心なバランスがうまくつかめなかったです。

f:id:runawayx2:20150706152638j:plain

赤丸の文字に注目。この『な』は胴長で、もはや『な』なのか危ういです。ただの子供の落書きに見えます。この『す』は親子でしょうか。なぜにこんなに大きさが違う?真剣に、じっくり丁寧に練習してこれですからね。これはやばい。ひとつのことに集中しすぎないで、もっと全体を見ないとダメですね。

こんなんじゃ、野菜の「なす」について誰かに手紙を書くときに、笑われてしまう。

 

苦手な文字はとことん苦手

今回もっとも苦戦した文字は『や』『ゆ』。これを見よ。

f:id:runawayx2:20150706152639j:plain

お手本から離れるほど、無残な姿に。とくに赤丸の『や』はどうした。『ゆ』は全体的にどうしようもないですね。真顔で超真剣にゆっくりやってこれですよ。

ここまでのレッスンで、自分は、「右回転の線」のあるひらがなが苦手な傾向にあることに気づきました。円を書くのが苦手。苦手なところは、重点的に練習しなければ。

 

練習結果

まず、今回のレッスンのメイン6文字の練習前と練習後の字がこちら。

f:id:runawayx2:20150706152636j:plain

う〜ん・・なんか微妙。

f:id:runawayx2:20150706152635j:plain

やはり『や』と『ゆ』は全然ダメですね。この2文字は、練習した内容が全く頭に入ってない感じですね。『か』は少し大人っぽくなりなりましたね。練習すればもっと上手くなりそう。ってか練習前の『か』やばいな(笑)


f:id:runawayx2:20150706152637j:plain

こちらが「ひらがなことば」。左側がレッスン前に書いたもので、赤枠の方が、レッスン後に書いたもの。『か』は、まだ練習してない文字だったので、『が』がレッスン前と後では、大きく違いますね。

f:id:runawayx2:20150706152640j:plain

全体的にあまり納得のいかない出来ですが、今回の「ひらがなことば」のなぞり書きで、今までいまいちコツがつかめなかった『り』のコツをつかみ、上達しました。やはり、何度も練習することが大事ですね。

 

反省点

丁寧にじっくり取り組んでも、なかなか上手くならない字もあります。そこで嫌気がさして、途中で投げ出してしまう人もいるのでしょう。でも、諦めず何回も繰り返し練習すれば、それなりに上達はします。今回の『り』が、それを証明してくれました。

『1日20分で字が上手くなる』というユーキャンボールペン字講座の謳い文句は、信ぴょう性に欠けますね。『1日20分』は、あくまでレッスンにかける時間。別紙練習帳等を用い、プラスαで、自主的に練習を重ねなければ、全ての字が上手くなることは不可能です。

やはり、自ら取り組むことで、いろいろ真実が見えてくる。そんなところも面白みのひとつだと思い、レッスンを進めて行きたいと思います。