実録ユーキャンボールペン字

もう象形文字とは言わせない。ユーキャンのボールペン字講座でどこまで字が綺麗になるかを検証。ペン字を始めようか悩んでる人の参考になればと。

カタカナをきれいに書くには線を書く練習が必要不可欠

ユーキャンボールペン字講座10日目。

f:id:runawayx2:20150716185134j:plain

今日からカタカナのレッスンに入ります。ひらがなより簡単そうなイメージがありますが、気を抜かずに頑張ります。

 

レッスン10日目:左払いのあるカタカナ

f:id:runawayx2:20150715201625j:plain

今回練習する文字は『ノ・メ・ハ・イ・ス・ヌ・フ・ワ・ウ・ラ・ソ・ツ・ク・タ』のカタカナ14文字。ひらがな1回のレッスンでだいたい5〜8文字程度の練習量だったのですが、それに比べ、カタカナは1回のレッスンで練習する文字数が多いですね。

しかもひらがなに比べ、一文字一文字の書く練習量が約半分。

f:id:runawayx2:20150715202501j:plain

これには少し不満が。しかし、カタカナは形が単純なので、コツさえつかめば一気に上達するとのこと。

・・って言われてもねぇ。やはりちょいと不安。ちなみに、カタカナの多くは漢字の一部から出来たものなので、カタカナが上達すれば、漢字も美しくなるとのこと。

漢字も上手くなりたい。じっくり丁寧に、慎重に取り組むとしますか。

 

「ノ」が基本

では進めていきましょう。今回練習する左払いのあるカタカナ14文字は、全て『ノ』が基本となっているようです。なるほどなるほど。言われてみれば、全て『ノ』の形がありますね。

f:id:runawayx2:20150715204156j:plain

うんうん。やはりひらがなに比べると形が単純なので、簡単に上達・・・するわけないですよねぇ(泣)

自分は、今回のレッスンの主題である「左払い」がとんでもなく苦手ということに気付きました。こちらをご覧ください。

f:id:runawayx2:20150716185138j:plain

オタマジャクシかよ(笑)ってかこれは本当に酷いな。全部オタマジャクシじゃん(笑)

基本の『ノ』どころじゃなく、基本の『左払い』がどうしようもなく苦手。これは使ってるボールペンのせいでしょうか・・。

それから前回の記事で、カタカナや漢字が上達するトレーニングとして、縦線や横線をまっすぐ書く練習をしました。


そのトレーニングで、自分は左から右への横線が苦手ということが判明したわけなんですが、さっそく今回のレッスンでその苦手具合が大きく顔を出しました。

f:id:runawayx2:20150716185137j:plain

おいおいおい、どうした、なぞれてねぇぞ?

なぞり書きが下手とか奇跡としか言いようがありませんね(^_^;)しかも相変わらずのオタマジャクシ具合(笑)

ほんと横線書くの苦手。というか、線を真っ直ぐに書くの苦手なので、カタカナは思った以上に苦戦するかもしれませんね・・まわりの字もお手本と違いすぎだし・・。

 

練習効果

今回のカタカナ14文字の練習前と練習後に書いた文字がこちら。

f:id:runawayx2:20150716185135j:plain

練習前は一切払ってませんね。ってか、払うって知らなかったっていう(^_^;)なんだかんだ『ノ・メ・ハ』あたりはなかなかいい感じじゃないですか?個人的に満足。テキストに書き込むのと違い、変に肩に力が入ってないので、オタマジャクシさんもいなくなったみたいですしね(^_^;)

f:id:runawayx2:20150716185136j:plain

でも、調子にのって逆にリラックスしすぎたせいか、後半の7文字は少しばかり払いすぎました。『ラ』なんてハッスルしすぎ。ってか全部払いすぎのせいでバランスが悪いですね。『ツ』は練習前の方がキレイに見えるのは気のせいだろうか。

 

反省点

カタカナは単純な形ですが、線をまっすぐに書かないと、一気に見栄えが悪くなりますね。これは「線を書く練習」を積み重ねて修正していかないと、この先つまずきそうですね。はぁ・・頑張るか。とりあえず、払いすぎには注意ですね(^_^;)