実録ユーキャンボールペン字

もう象形文字とは言わせない。ユーキャンのボールペン字講座でどこまで字が綺麗になるかを検証。ペン字を始めようか悩んでる人の参考になればと。

100%ユーキャンのテキストに従う必要はない。

ユーキャンボールペン字講座15日目。

f:id:runawayx2:20150723122525j:plain
今回はカタカナと数字のレッスンのまとめです。いよいよテキスト1巻も終盤。

 

レッスン15日目:日常よく使うカタカナと数字

f:id:runawayx2:20150723104953j:plain

カタカナと数字のまとめとして、「カタカナのことば」「日常生活で使われる数字」を書くレッスン。

まずは

  • ニュース
  • スタート
  • アドバイス
  • ファックス

この4つのカタカナことばを書いていきます。なぜこの4つのチョイスなんだろう?この4つの言葉が"日常生活でよく使われるカタカナ言葉ベスト4"なのだうか?なんてことを思い、しばらくぼんやりとテキストを眺めていたら、あることに気付きました。

f:id:runawayx2:20150723122527j:plain

なんということでしょう。4つのカタカナのことば全てに「ス」が入ってるじゃないですか。これは偶然かユーキャンの遊び心か。いずれにせよ、これは「ス」を上手に書けるようになるチャンスじゃないか。よし。


数字のレッスンはこんな感じ。

f:id:runawayx2:20150723105143j:plain

算用数字の直立体はいがいに難しいので、ここらでマスターしておきたい。

f:id:runawayx2:20150723105241j:plain

こちらは住所の練習のようですね。そうそう、住所を書く機会って意外に多いんですよね。字が汚いと、その度におっくうになります。あまり見られたくないので、ササッと走り書きして終わらせようとして、汚い字が余計汚くなったり。はぁ〜・・グリーンコーポ 607号室の住人になった気持ちで頑張ります( ´Д`)=3

 

算用数字には自分で線を引くべき!・・だった。

算用数字のレッスンはひらがなやカタカナのレッスンと違い、十字のマスや点線の"補助"がないので、バランスをつかみにくい。


とりあえずテキストを書き進めていったけど、どうも納得がいかない。文字が小さくなるとさらに難しくてイライラ。

f:id:runawayx2:20150723122526j:plain

で、ここで思ったんですが、自分でテキストに線を書き込んじゃえば良かったんですよね。そうすれば数字一字一字のバランスをつかめたと思います。遅い・・いまさら気づくなんて遅すぎる・・。いや、まだ別冊の練習帳があるではないか!

f:id:runawayx2:20150722204948j:plain

これこれ!よし!まだ希望が残されていました。後日、これに線を書き込んで練習したいと思います。とりあえず今回はテキストでの練習効果を披露。

 

練習効果

練習前と練習後の文字の違いを見てみましょう。まずはカタカナのことば

f:id:runawayx2:20150723122529j:plain

赤枠内の文字が練習後に書いたもの。また少しは上達したかな?

f:id:runawayx2:20150723122528j:plain

練習前の「ファックス」の『ッ』は、2画目までは完全に「シ」を書くつもりでした(天然丸出し)。3画目で間違いに気付き、なんとか修正しようとしましたが、時すでに遅し。どう見ても「シ」ですね。小さい「シ」ってどう発音するんだろう(*´艸`*)

個人的に「ハ(バ)」が、コツをつかみ上達したと思うんですが・・どうだろう?だれか"アドバイス"をください。

あ、ちなみに「ス」は特に手応えなかったです(笑)


お次は数字

f:id:runawayx2:20150723122530j:plain

赤枠が練習後に書いたもの。一番上の電話番号以外はまぁまぁかな?電話番号ガタガタですね。ガタガタにならないように注意して書いたのに・・。よく見ると「5」の次の「ー」が斜め上向いちゃってるので、その角度に合わせて「9」を書き出してる感じがありますね。これは今後の上達に向けてのヒントになりそうですね。

 

反省点

算用数字に線を書き込むなど、そういった自分なりの工夫も、字が上達するためには必要ですね。100%テキストに従うことはないってことですね。線書き込んで効果あるのかは分かりませんが(^_^;)今度やってみて、結果を記事にします!