実録ユーキャンボールペン字

もう象形文字とは言わせない。ユーキャンのボールペン字講座でどこまで字が綺麗になるかを検証。ペン字を始めようか悩んでる人の参考になればと。

漢字は大きめ、ひらがなは小さめに

ユーキャンボールペン字講座18日目。

f:id:runawayx2:20150802113829j:plain
今回のレッスンは「旧・中・世・話」の4文字と、その応用として「旦・仲・笹・活」の4文字、計8文字の漢字の練習です。主題の「旧・中・世・話」の4文字がどれだけ上達したか、お見せしたいと思います。

 

レッスン18日目:漢字は大きめに、ひらがなは小さめに

f:id:runawayx2:20150802095718j:plain

漢字は大きめ、ひらがなは小さめに書くと、キレイに見えるとのこと。これは初耳ですぞ。知らないのは俺だけで、常識なのかな?基本中の基本とか?いやまさか。

f:id:runawayx2:20150802095757j:plain

確かにお手本を見ると、漢字は大きめで、ひらがなは小さめですね。というより、ひらがなが気持ち小さめって感じですね。そんなに極端に大きさを変えるってわけではないですね。あくまで自然に。でもそのさじ加減が難しそう。

ただでさえ文章全体の文字のバランスをとるのが苦手なのに、ひらがなを小さめに書いてキレイに見せるなんて、俺からしたら難易度高すぎですよ。むしろ余計バランスが崩れてガタガタになりそう(^_^;)

 

単純な文字ほどバランスが取りづらい?

前回のレッスンでは「謹・賀・新・年」の4文字を練習しました。
 


漢字の練習一発目から、キレイに書くには難易度が高いであろう「謹・賀」あたりを持ってこられて尻込みをしましたが、今回の文字はそれに比べると楽かな・・?

f:id:runawayx2:20150802100806j:plain

でも、ひらがなの練習のときもそうだったけど、単純な文字って結構難しかったりするんですよね。「中」なんてバランスが取れない取れない(^_^;)

単純過ぎず、難しすぎない、程よい難易度の字が上達しやすくていいです。って、なに甘いこと言ってんだって感じですね。

 

練習効果

練習前と練習後の文字を比較してみましょう。漢字は大きめ、ひらがなは小さめ、という点に注意して、「旧年中はお世話になりました」と、本気で書いてみました。

f:id:runawayx2:20150802113830j:plain

赤枠内の文字が練習後に書いた文字です。う〜ん・・今回は、とびっきり上達した文字はなさそうですね。というのも、練習前の文字がそこまで酷くもないからそう見えるのだと思います。レッスンを続けていくと、練習前の文字でも、「ここはこんな感じに書くんじゃないか?」というのが、なんとなく勘でわかってくるようになります。このレベルでなに大それたこと言ってるんだって感じですが・・(^_^;)

まぁ、練習前より幾分か上達してることは確かですね。ちなみに、漢字とひらがなの大きさのバランスはこんなもんでいいのでしょうか?これ、意識しないとひらがなを小さく書けません。字が上手な人は、意識しないで自然にそういったバランスを保てるのでしょうか?それとも、字を書くときは、常に集中し、意識して書いているのでしょうか?そこらへんは考えたことないな。今度字が上手な人に聞いてみるかな。

それより「に」と「た」を見てください。

f:id:runawayx2:20150802113831j:plain

ヘッタクソですねwひらがなのレッスンのときからずっと不満だったんですが、「こ」と「に」と「た」はもの凄く苦手で、書いててイライラします。「こ」の部分がどうしても上手く書けない。こりゃ別冊の練習帳で徹底的に練習し直さないと、いつまでたっても上手くならないぞ。

 

反省点

今まで何回も、苦手な字は別冊の練習帳で再度練習しなければと言って来ましたが、未だに一度も練習帳を使ったことがありません(^_^;)近いうち必ず苦手なひらがなとカタカナを抜き出して、再度練習します。その結果もお見せしましょう。あ、あと数字も。

もしかして、苦手な系統の文字って、いくら練習してもキレイに書けるようにならないんじゃないか・・と、正直ビクビクしてるところもあります。でも、諦めずに練習してみます。