実録ユーキャンボールペン字

もう象形文字とは言わせない。ユーキャンのボールペン字講座でどこまで字が綺麗になるかを検証。ペン字を始めようか悩んでる人の参考になればと。

ボールペン字講座で効果がない人は難しく考えすぎなだけかも

以前も言いましたが、字の練習(主になぞり書き)は、"で覚える"のと"感覚で覚える"の、どちらの方が着実に字が上手くなる正しい覚え方なんだろうと疑問に思ったことがあります。

f:id:runawayx2:20150824203349j:plain

一画一画丁寧に頭にインプットしながら練習するのと、難しく考えずに、お手本をなぞった感覚で正しい書き方を身につける・・


頭で覚えるか、体(手)で覚えるかって感じです。それがやっと分かったっていう・・。

 

感覚で覚えたほうが効率が良い

結論から言うと、感覚で覚えた方が早いですね。まぁ当然っちゃ当然な訳ですが。早い+効率も良いです。やはり、頭で一画一画覚えるには、膨大な字の情報を頭にインプットしなければならないので、限界があります。極当たり前のことかもしれませんが、実際ある程度練習に取り組んでみないと分からないもんです。

始めは、数ある文字全ての正しいキレイな書き方を覚えられるものなのかという不安もありましたからね。なので始めは頭で一画一画しっかり正しい書き方を覚えながらレッスンを進めていました。

そのままの要領で、ひらがな、カタカナ、数字とテキストを進めてきて、それほど不満に思ったりはしなかったんですが・・漢字の練習に差し掛かったときに、この要領じゃ無理だと確信しました。とてもじゃないけど、全部の書き方を覚えるのは不可能です(^_^;)

 

新たな字を覚える訳ではない

全然正しい書き方を覚えられないので、上達しない・・なんてことが続いたので、半分ヤケになり、難しく考えるのをやめました。正直、かなりやる気をなくしてましたね(^_^;)

まぁそれでも、ササッと適当になぞり書きを済ませるのではなく、ゆっくり丁寧に、あまり頭を使わずにレッスンを進めるスタンスにシフトしたのですが・・

それまでに比べて、明らかに字が上達するようになりました。というか、その方が覚えられる。頭を使わないで、覚えられるなんて不思議・・と思いましたが、実際ユーキャンボールペン字講座で練習する字って、既に子供の頃に習ってる字なんですよね。(もしかしたらこの先知らない字が出てきたりして(^_^;))

知らない字を覚えるには、頭を使うかも知れませんが、既に書き方を知ってる字です。その知ってる字のキレイな書き方を覚えるだけなので、それほど頭は使わないというわけです。そう考えると、感覚だけで十分だということが分かりますね。

 

頭で覚えるとアウトプットに時間がかかる

せっかく字がキレイに書けるようなっても、一字一字時間をかけてじっくり思い出しながらじゃないと正しくキレイに書けないのであれば、あまり実用性がなくて勿体無いです。僕が始めの頃そうでした。「え〜っと・・この字はこうやって書いて・・次は・・」なんてやってたので、仕事で何か書物をするとき、そうとう効率が悪かったです。そんなのなんの生産性もないです。まだ汚くても読める字をサラサラ書いた方がマシかと。

頭で覚えると、例えしっかり覚えていたとしても、スラスラ正しい書き方が出てこないです。でも、感覚で覚えると、割りとスラスラ正しい書き方でキレイな字を書けるようになります。この場合、思い出すというより自然に正しい書き方をしてしまう感覚です。

この差はでかい。やはり感覚で覚えるのがベスト。

 

ど忘れしてしまった字や苦手な字は頭で覚えよう

稀に練習したはずの字なのに、正しい書き方をど忘れしてしてしまう時があります(^_^;)ちょうど前回のレッスンが暑中見舞いを書くという内容の物で、文中で使う「過」という字のキレイな楷書の書き方をど忘れしてしまい、テキストの過去のページに戻って復習(見直し)してから再度レッスンに取り掛かりました。

基本は感覚で覚えて、忘れてしまった字は、復習して頭で覚えるのがいいかも知れませんね。そうすりゃもう忘れないと思います(^_^;)そんなにいくつもど忘れするものではないと思うので、大した情報量にはなりません。

それから、練習してもどうも上達しない苦手な字が出てくるんですが・・。僕の場合、「変・恋・愛」とか、「しんにょう」が苦手なわけなんですが、こういった苦手な字は、丁寧に頭を使って一画一画覚えながら練習した方がいいと思います。

苦手な字って、割りと同一系統の似たような字なので、自分の苦手な字の系統が分かってくると、それはそれで面白いっていう・・。

 

まとめ

ユーキャンなどでボールペン字講座を受講していて、丁寧に取り組んでいるのにあまり上達しないと思う方は、もしかしたら難しく考え過ぎてるのかもしれません。新しい字を覚えるわけではないので、リラックスして取り組みましょう。でも、手を抜くということとは違うので、誤解はしないように(^_^;)


キレイな字の書き方は頭ではなく、手に覚えさせましょう。