実録ユーキャンボールペン字

もう象形文字とは言わせない。ユーキャンのボールペン字講座でどこまで字が綺麗になるかを検証。ペン字を始めようか悩んでる人の参考になればと。

【ユーキャンボールペン字】第2回添削課題が返送されてきたのでお見せします。

さてさて、待ちに待った第2回添削課題が返送されてきたので、その内容を全てお見せしようと思います。

f:id:runawayx2:20150826142412j:plain

あ、もちろん住所氏名は伏せますよ(^_^;)今回も赤ペンだらけなんだろうと思いビクビクしながら開封したんですがね。予想以上に丸が大きくて嬉しかったです。でも、やっぱまだまだ美しい字を手に入れる道のりは長いかなぁ〜と。

 

はじめての添削課題を振り返る

第1回添削課題は、自分の住所・氏名を自分なりにキレイに書いて提出するものでした。
 


自分なりにと言ったのは、この添削課題、ユーキャンボールペン字講座レッスン初日に書いて提出するんですよね。まだ何一つ教わってない状態で、自分の字を講師の方に晒すわけです。背伸びしてかなり丁寧に書きましたが、赤ペンをくらいまくりました(笑)


まぁ当然っちゃ当然ですよね。字が下手だからボールペン字講座に申し込んだんですもん。逆に丸だらけでも困ります。ここは、ダメ出しばかりの方がちょうど良い。でも・・けっこう凹みます・・(笑)しかも講師の方のお手本がキレイすぎて見比べるとやばい。一ミリのブレもない美しい字に見惚れてしまいますよ。

 

第2回添削課題結果

住所・氏名

2回目の添削課題から、住所・氏名+課題の2つを一緒に提出する形になります。これにより、住所・氏名が徐々に上達していくことでしょう。これは嬉しい。住所・氏名は、なんだかんだで書く機会が多いですからね。どんなときでもキレイに書きたいもんです。

で、今回返送されてきたものがこれです。

f:id:runawayx2:20150826143526j:plain

相変わらず個人情報の固まりなので、お見せ出来る範囲がかなり限られていて面白くないと思います。すみませんm(_ _)m

1回目に返送されてきて、指摘された(されまくった)点を注意し、講師の方のお手本を見ながら丁寧に書いたんですが・・そのときは結構上手に書けたと思ったんですが、今見ると酷いかったです・・(^_^;)

でも、これはいい意味で、今の方がもっと上手に書く自信があるということです。次の添削課題のときは、もっと上手に書けます!・・と言っても、見せられる範囲狭すぎですが・・。

でも、今回の住所・氏名は、丸を15個ももらいました(15文字分)。前回は2個だけだったので、これでもだいぶ上達したということでしょうか。

f:id:runawayx2:20150826142402j:plain

それとも、1回目と2回目の講師の方が違う人なので、今回の講師の方が甘いとか?『だいぶ上達しましたしましたね』なんて嬉しいことが書かれてます。この方は、褒めて伸ばすタイプの講師ですかね。そういうの嫌いじゃないよ(*´ω`*)

 

ひらがな・カタカナ・数字

住所・氏名は伏せられすぎで面白くないと思うので、そろそろ本題の方にいきましょう。第2回添削課題は、ひらがな・カタカナ・数字の課題でした。



これがお手本↓

f:id:runawayx2:20150726095720j:plain


それを添削課題用紙に書いて送る↓

f:id:runawayx2:20150726100008j:plain

というもの。これがなかなか緊張するんですよ。手がプルプル震えたり(^_^;)

んで、頑張って丁寧に書いて、今回返送されてきたものがこちら↓

f:id:runawayx2:20150826152501j:plain

お、パッと見、丸が多いんでないかい??(*´艸`*)

f:id:runawayx2:20150826133243j:plain

ふむふむ。的確な指導だと思います。(←お前が言うなよ)

いやでも、冗談ではなく、真面目な意見です。

f:id:runawayx2:20150826133319j:plain

「あ」は、割りと自信があるんですが、緊張のせいか、書いたときに「うわ、失敗した・・」と思いました。「よ」と「し」は自分で得意と思ってます。んで、「ろ」は練習してもいまいち上手く書けないと悩んでいました。

f:id:runawayx2:20150826133307j:plain

「と(ど)」も苦手。特に曲線部分。「う」はキレイに書ける自信があります。「ス」は丁寧に書いてもなぁんかキレイな感じがしないんだよなぁ・・と思ってました。「ト」は簡単。

上の方の全体の写真に写ってますが、「も」も、納得のいく書き方ができないので、指導されてます。下の横書きと数字も見てみましょう。

f:id:runawayx2:20150826133412j:plain

「お」と「い」は書くのが好きになったほどキレイに書く自信がありました。「て(で)」は、なんか上手く書けない。「す」はかなり苦手に思ってました。

数字の「5」と「8」は苦手です。とくに「8」。どうしても斜めになってしまう・・。斜体は特に難しいと思いませんでした。

その他の字はまぁ許容範囲かなぁ・・なんて思って提出したら、ピンポイントで得意なところと不得意なところを指摘してくださいました。上から目線ではなく、驚くほどの的確な指導に感激しました。しっかり見てくれてるんだなぁと。

それと同時に、自分自身を見るポイントも的確なんだと確信でき、これが自信につながりました。

f:id:runawayx2:20150826133256j:plain

『上手ですね』だなんて・・やっぱり褒めて伸ばすタイプだなちくちょう(*´Д`)

講評の欄にはこんなことが

f:id:runawayx2:20150826133505j:plain

はい!今後もがんばります!(*´∀`)

 

今後の意気込み

いやぁ今後の添削課題が楽しみですな。もう少ししたら、年賀状を書く添削課題にぶち当たるので、臆せずに挑みたいと思います。

まぁ〜ったく、先生ったら褒め上手なんだからぁ(*´艸`*)


でもね・・

f:id:runawayx2:20150826133319j:plain

なんで「か(が)」に丸がついてないんですかね?僕、実は今回これが一番自信あったんですがね(笑)

ちくちしょう!なにが的確な指導だ!ヽ(`Д´)ノ

うそうそ(^_^;)でもこの「が」は合格ラインに届いてないってことなんですね・・う〜ん・・テキスト見直してみます。


さて、レッスンの続きに取り掛かりますかね。