実録ユーキャンボールペン字

もう象形文字とは言わせない。ユーキャンのボールペン字講座でどこまで字が綺麗になるかを検証。ペン字を始めようか悩んでる人の参考になればと。

ユーキャンのテキストが示すポイントを意識しすぎるのも良くないかも

ユーキャンボールペン字講座34日目。

f:id:runawayx2:20150926222646j:plain
テキスト1巻のひらがな、カタカナ、数字と比べて、漢字はなかなかスムーズに上達しないので、若干苛立って来ましたが、今日も頑張りましょう(*´艸`*)

 

レッスン34日目:代表的な文字の部分の書き方を覚えよう

f:id:runawayx2:20150926020445j:plain

なんか最近テキストの主題が無理矢理に感じるときがあります。まぁそれは置いといて・・要は、「ごんべん」、「しんにょう」、「たけかんむり」・・漢字に多く使われる"偏"を覚えようってことですね。

でも、「ごんべん」と「しんにょう」は、既に他の漢字で練習済みです。「たけかんむり」は今回はじめてかな・・?まぁ気を抜かずにレッスンに取り組みましょう。

今回練習する字は、「誠・品・送・笑」と、その応用として「城・操・逆・策」の漢字8文字です。メインの「誠・品・送・笑」の4文字の練習前と練習後の字を比較・・と思いましたが、

f:id:runawayx2:20150926020522j:plain

今回応用レッスンで、「笑」という字が使われてないですね。メインの字が漢字の応用レッスンでないのは初です。こんなこともあるんですね。右下のクイズに幅を取るより、「笑」の応用レッスンが欲しいです。

まぁ仕方ない。「笑」は抜きで行きます(笑)

 

「品」は苦手

さて、今回のメインの字で、僕が断トツに苦手なのが「品」です。昔からどんなに丁寧に書こうとしても、子供っぽいというか・・なんか上手く書けないんですよね。下手なりに納得のいく字ってあるじゃないですか?その域に一度も達したことがないです。

f:id:runawayx2:20150926021048j:plain

なので、今回は「品」に力を入れて頑張ってみようと思います。ふむふむ・・バランスはそんな感じなのですね・・なるほど。3つ全ての「口」を、同じ大きさで書いちゃダメなんですね。これは分かりやすい・・・と思い、油断してしまったのでしょうか?

f:id:runawayx2:20150926021342j:plain

wwwwひっどいなおいwこれでも一応真剣にやっております。かなり真顔で練習してます。苦手な字は、なぞり書きの補助がなくなった途端、とんでもないことになります。全く品のない字ですね・・・あ〜笑えない・・。

 

練習効果

さて、先ほどの応用レッスンを用いて、練習前と練習後の字を比較してみましょう。

f:id:runawayx2:20150926222648j:plain

赤枠内の文字が、練習後に書いた文字です。

f:id:runawayx2:20150926222647j:plain

「誠」は、練習段階から手応えがありました。これは納得のいく上達っぷり。バランスがよくなり、全体が整いましたね。「送」は・・練習前の方がよくないかい?笑

俺、練習前の方がまだマシってパターンが多いんですよね。なんなんでしょうね。書き慣れてる字体だからとか・・?それか、テキストの書き方のポイントを、変に意識しちゃってるとか・・?きっとそうに違いない。

「品」は・・確かにマシにはなったけど・・・なったけど・・なんか違いますよね(^_^;)

 

反省点

やっぱ苦手な漢字は、なかなか上手くならない傾向にありますね。マシにはなるけど、上手にはならない感じです。難しいな・・やっぱ別冊の練習帳使わないとダメか・・。

今回の「送」のように、練習前の方がマシってパターンは、なんだか複雑な気持ちになります(笑)

やっぱポイントを意識しすぎなのかな・・次から、もうすこし柔らかく考えて練習に取り組んでみようと思います。