実録ユーキャンボールペン字

もう象形文字とは言わせない。ユーキャンのボールペン字講座でどこまで字が綺麗になるかを検証。ペン字を始めようか悩んでる人の参考になればと。

【ユーキャンボールペン字講座】第4回添削課題が返送されてきたので晒します

第4回目の添削課題が返送されて来たので、結果をお見せしようと思います。

実はこれ、2ヶ月くらい前に返送されてきて、今さっきやっと封を切りました(笑)ちょうど極限にやる気なくなってた時に返送されてきたもんで(^_^;)でも久しぶりに添削課題の結果を見たら、やっぱ添削課題は面白いなと。やっぱユーキャンボールペン字講座は、添削課題が醍醐味ですね。

 

第4回添削課題「結婚式の招待状の返信」結果

今回送られてきた結果を見る前に、どんな内容でどんな感じに書き上げたのか、自分の記事を見返したんですが、まぁ酷いもんでしたね(笑)

f:id:runawayx2:20160127201928j:plain

こちらがその結果です。今回も赤ペンビッシリですね。

f:id:runawayx2:20160127201930j:plain

"余白を広くとりましょう"と、書き出し一発目の文字、行の指摘から入ります。だって俺、余白とるのすっごい苦手なんだもん( ´Д`)テキストの実践レッスンで上手く余白とれなくて毎回イライラしてるもん。書き出しの一文字目はいつも緊張します。で、絶対位置をミスる。どんなにお手本を見て、慎重にやってもミスる。センス0。まぁそういう人の為のボールペン字講座ですよね。うん。

f:id:runawayx2:20160127201929j:plain

返信マナーとして、「御」などの箇所を縦線で消しますよね。それを定規を用いて引いたほうがいいと・・。そんなんテキストに書いてあったっけな・・まぁ俺の常識の無さの問題ですね。この線頑張って真っ直ぐ引こうとしたの覚えてます。定規という手があったのか・・。ってかどんな感じに引いたか、講師の方の赤ペンでかき消されて分かりませんね(笑)あまりにも酷かったのでしょう。なかったことにされてます。

f:id:runawayx2:20160127201931j:plain

そして最後も余白のことで指摘されてます。もう余白は勘弁してください( ´Д`)右下に「藤」の書き方のコツが書かれてますが、"あきを等しく"とありますね。余白関連はこの先も手こずりそうです。

今回は、納得のいかない仕上がりだったんですが、一応21文字に◯が貰えました。「市」に関しては◎です。「市」は提出前に◯が貰えるだろうと踏んでたので、嬉しいです。「姿」もいけると思ったんですが、◯止まりでした。

 

f:id:runawayx2:20160127201932j:plain

ちなみに今回の課題で一番苦手な文字が「慶」ですね。これはほんと酷い。何回真剣に書いてもこんな感じになります。「藤」と「静」の字をピックアップして指摘されてますが、個人的には「慶」をどうにかしたいです(^_^;)俺、静岡県民じゃないし、名前に「藤」付かないから、「慶」の方を伸ばしたいかな。あれですかね、あまりにも酷いので、講師の方もこの「慶」に触れるのを躊躇ったのでしょうか?(笑)

 

住所・氏名添削

さて、見せられる範囲が狭いので、毎度毎度あまり載せても面白くないだろうけど、一応載せる住所・氏名の添削。今まで縦書きして提出だったんですが、第4回目からは横書きです。

f:id:runawayx2:20160127201933j:plain

まぁ・・ぼちぼち・・ぼちぼち指摘されてたって感じです。ってかこっちの「市」には◯貰えないんですねwww

f:id:runawayx2:20160127201934j:plain

こちらは講師の方のお手本。相変わらずお綺麗で。今まで4回添削課題を提出し返送されて来ましたが、毎回講師の方が違います。その講師の方の字形もそれぞれ違うので、そんなところを見るのも密かに楽しんでます。

やっぱ一番始めの人のが神がかってたかな・・

f:id:runawayx2:20150726115700j:plain

f:id:runawayx2:20150726112245j:plain

最初見たとき印刷かと思いましたよ。ってか俺1回目と4回目を見比べると、あまり進歩してない?(笑)

3回目のときは調子良かったんだけどな・・

f:id:runawayx2:20151022113528j:plain

ああ・・講師の方のように綺麗な字を書いてみたい。

 

反省点

今回の反省ワードは間違いなく断トツで"余白"ですね。綺麗な文章に仕上げる為には、字一文字一文字はもちろんのこと、全体のバランスもとても重要です。余白を上手にあけることで、全体の印象も大きく変わります。

ってなことで、今以上に、余白に十分注意しながら、レッスンを進めていこうと思います。