実録ユーキャンボールペン字

もう象形文字とは言わせない。ユーキャンのボールペン字講座でどこまで字が綺麗になるかを検証。ペン字を始めようか悩んでる人の参考になればと。

ペン字を習ってわかる補助線の有り難み

ユーキャンボールペン字講座56日目。

f:id:runawayx2:20160204150433j:plain
親族の呼称最終日。今日も一文字でも多く上達したいものだ。出来れば全部上達したいけれども・・。

 

レッスン56日目:横線の間隔を均等に

f:id:runawayx2:20160204134430j:plain

今まで漢字のレッスンを進めて来たなかでも、横線の間隔がポイントとなる字がいくつか出てきました。字一画一画もそうですが、特に間隔を均等に保つ箇所は、かなり繊細で丁寧に書かないといけないので、僕みたいな不器用な人には難易度が高いです。

あくまで個人的な見解ですが、字が汚い人はもともと不器用な方が多いと思うので、ボールペン字を習う上で、この点は特に苦戦するのではないでしょうか。

まぁ僕は全てにおいて苦戦してるけどね(*´艸`*)

f:id:runawayx2:20160204134457j:plain

今回はこの3つの短い用語を用いて、練習前と練習後の字の違いを比較。メインに練習する文字は「妻・内・夫・婦」の4文字です。「家」は4回前のレッスンで練習済み。全然上達しなかったけどね(^_^;)

 

レッスン開始

さっそくレッスン開始。今回は主題通り、横線の間隔にスポットを当てていきましょう。

f:id:runawayx2:20160204150434j:plain

これこれ。この線と線のあきを等間隔に書くのはほんと難しい。器用な方からすればなんてことないかも知れませんが、僕には難題ですよ。

f:id:runawayx2:20160204141000j:plain

全神経を横線の間隔に集中して練習しました。左2つはなぞり書き。う〜む・・

f:id:runawayx2:20160204150438j:plain

この「妻」はかなり上出来なんじゃないでしょうか?なぞり書きの補助無しでこの仕上がりは大満足。少し横線を平行に書きすぎちゃってますが、間隔は均等だと思います。でも十字マスの補助があるお陰かなぁ・・次の「妻」は一気に崩れてるもん(^_^;)なんか迷子になっちゃってる感じですね。やっぱ補助の効果は絶大なんだな・・。

世の中の用紙が全部補助ありになればいいのに(●`ε´●)

 

練習結果

そんなくだらない文句を垂れながらも、丁寧に練習した結果がこちら。

f:id:runawayx2:20160204150435j:plain

赤枠内の文字が練習後に書いた字です。

f:id:runawayx2:20160204150437j:plain

「夫」はなんか違う・・最後の画の"払い"に問題ありですね。"払い"は一向に上達しない・・。「妻」は補助なしでもまぁまぁ綺麗に書けるようになりました。ってか練習前の「妻」は嘘でしょwわざと汚く書いたんでしょ?・・いや、本気ですwボールペン字講座の効果は絶大です。「内」はもう少し練習が必要ですね。少し気をつければ十分綺麗に書けそうな範囲。「家」には触れないでください。今回のレッスンの字じゃないので勘弁してください。お願いします。

f:id:runawayx2:20160204150436j:plain

「夫」は2回ありました。やっぱ"払い方"がなってないですね。「妻」に比べ、「婦」の横線の間隔は難しいです。つくりの大きさを偏に合わせないといけないし、細かいからかな?補助ありでもイマイチでした。"おんなへん"はまずまず・・かな・・。前にも練習したんだけどな(^_^;)

 

反省点

横線の間隔を均等に書くと、字形が整い美しい字に仕上がるのが分かったのと同時に、改めて補助線の有り難みを思い知りました(笑)やっぱあれあるのとないのとじゃ大分違いますね。

補助なしでも綺麗な字を書けるように、しっかり全体のバランスを記憶しないとダメですね。一画一画の長さや角度を記憶して、初めて土俵に立てるような・・。やっぱ綺麗な字を書けるようになるのって、思ってた以上に難しいですね。

でも、回を重ねる毎に、練習のポイントを掴んでくるので、めげずにレッスンを進めて行きたいと思います。